LINEで送る
Pocket

「身の毛がよだつ」って、毛がどうなるの?

「身の毛がよだつような体験をした」のように、恐怖や緊張を感じたことを意味する「身の毛がよだつ」ですが、実際は毛がどうなることを言っているのでしょうか。

「身の毛」というのは、文字通り体毛のことです。「よだつ」ですが、これは漢字で書くと「弥立つ」です。

「弥立つ」は、もともと「いよだつ」と読まれていたそうで、「弥(いよ)」と「立つ」に分解することができます。

「弥」は「いよいよ」の「いよ」で程度が高まるさまなどを表し、「立つ」は毛に関しては「逆立つ」という意味になるようです。

ここから、「身の毛がよだつ」は「身の毛がますます逆立つ」という状態を表していることになるようです。

怖かったり、緊張すると実際に毛が逆立つので、「身の毛がよだつ」はリアルに相手に恐怖や緊張を伝えられる表現と言えるのではないでしょうか。

なお、毛の逆立つ状態は「鳥肌」とも言われます。

カテゴリー: ま行 -->