LINEで送る
Pocket

「殿」と「様」って、どう使い分けるの?

仕事などで手紙やメールを送る際、名前の後に「殿」や「様」をつけることが多いですが、この2つはどのように使い分ければ良いのでしょうか。

「殿」と「様」は誰に向かって使うかで、使い分けることができるそうです。

まず「殿」は、もともとは身分が高い人につけるものでしたが、現在のビジネスマナーでは「目上の人から目下の人に向けての文書」で使うのが好ましいとされているようです。

この変化の理由はよく分かりませんが、以前は国や役所が住民に文書を出すときに「~殿」をよく使っていたことから、目上から目下というイメージがついたのかもしれません。

一方の「」は誰にでも使うことができます。目上・目下は関係ありません

したがって、基本的には「様」を使っておくのが無難と言えそうです。

なお、宛名が組織名や会社名の場合は「様」や「殿」ではなく「御中」を使うので、気を付けてください。