Pocket

「麗らか(うららか)」って、どんな様子のこと?

「麗らか」(うららか)というのは、「晴れていて、日差しが柔らかく、のどかな感じである」ことを意味する言葉でです。

春ののどかで暖かな感じを表現しているので、春の季節の言葉として使われているようです。

ちなみに、滝廉太郎が作曲したとして有名な「花」で、「♪春のうららの隅田川~」という歌詞があります。ここで使われている「うらら」も「麗らか」と同じ意味の言葉です。

「春うらら」とも言います。
「麗らか」と「うらら」はもとは同じ言葉だったようです。