Pocket

電話をかけるとき、どうして「もしもし」というの?

電話をかけるとき「もしもし」と呼びかける人って多いですよね。この「もしもし」ってどういう意味なのでしょう?

もしもしは、「申し(もうし)」を連ね短縮された言葉で、 電話で話し始める時に、これから話をしますよ、という意味で、「申します、申します」あるいは「申す、申す」といっていたのが「もしもし」に変わったそうです。

電話が開通された当初は、高級官僚や実業家などしか電話を持っていなかったため、「もしもし」ではなく「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答されていたそうです。これが「もしもし」に代わったのは、電話交換手が中継ぎをしていた頃、 繋ぐ相手に失礼とならぬよう「申し上げます」と言っていたことによるそうです。