Pocket

不知火

不知火

日本書紀に「景行天皇が九州御巡幸中、暗夜の八代海上で天皇を、海岸まで導いたという怪火のこと」とあり、その原因については特定できないが、出漁中の漁船の漁火(いさりび)だと言われています。

その昔は「しらぬひ」と読まれていたそうで、正体不明の火という意味のようです。


しらぬい