Pocket

僅差

僅差

「僅差」は「わずか」や「少し」という意味で、例えば「僅差で勝利をおさめました」というようなときに使います。

「僅」は日常的にはあまり使わない字ですが、「わずか」や「かろうじて」といった意味を持ち、「きん」と読むそうです。このため「わずか」を漢字で書くと「僅か」となります。

ここから、「わずかな、少しの差」を示すときに「僅差」を使います。


きんさ

なお、「謹賀新年」(きんがしんねん)の「謹」と似ていますが、「僅差」の「僅」はにんべんですので間違えないようにしましょう。