Pocket

「清算」と「精算」、どう使い分ければいいの?

精算」と「清算」は混同して使われがちですね。どう使い分けるかご存知でしょうか?

まず、「精算」は、電車賃や経費など、「詳細を計算する場合」に使います。これに対して「清算」は、「過去の関係を清算する」のように、「けじめをつける」という意味が含まれる場合に使います。

ちなみに、借金の場合は、”計算”するのではなく”けじめ”をつけるわけなので、「清算」の方でしょう。「清算」も「精算」もそれぞれ、手がかかって面倒だという点では同じなのですが、1文字違うだけで意味は大きく変わってしまうので、要注意ですね。