Pocket

「魚介類」と「魚貝類」の違いは何?

海の幸を表す書き方には、「魚介類」と「魚貝類」がありますが、一体どう使い分ければよいのでしょう?

まず「魚貝類」は読んで字のごとく、「魚」や「貝」を表します。
一方「魚介類」ですが、この「介」は元々鎧をつけた人の形を文字にしたものです。そこから転じて、鎧のように身を守るものを指すようになったようです。

例えば、エビやカニなどの甲殻類は甲殻で身を守っているので「介」に含まれます。ここから広がって、魚類および貝類、エビ、カニだけでなく、 甲羅のないイカ、タコ、ウニ、ナマコなども含めた水産物全般の「総称」として「魚介類」が定着したようです。