Pocket

「該当」と「当該」、それぞれどう使えばいいの?

「該当」も「当該」も同じ漢字をひっくり返しただけですが、どのように区別されているのでしょうか。パッと見は似ている熟語ですが、意味・使い方ともに大きな違いがあるようです。

該当」とは、ある条件・資格などに、当てはまること
当該」とは、話題になっている事柄に関係があること。また、そのもの

例えば「該当物件」と言う場合は、「何かの条件にあてはまる物件」という意味になり
「修繕該当物件(修繕を必要としている物件)」などのように使います。
それに対して「当該物件」と言う場合は、単純に「(話題にのぼっている)その物件」という意味になります。

また、「該当」は文法的には「名詞・自動詞」なので、「該当する」という動詞にもなります。しかし、「当該」の後には「当該物件」のように、必ず名詞が続きます。

「要件に該当する」とは言いますが、「要件に当該する」とは使えないのですね。